熊本市立図書館

Kumamoto City Library

〒862-0971

熊本県熊本市中央区大江6-1-74

TEL  096-363-4522

FAX  096-372-4252

携帯サイト
携帯サイト

 
トップページ > 利用案内> はじめてのかたへ> 本を借りるとき(貸出)返すとき(返却) 
 

簡易蔵書検索

   
 

※システムメンテナンスのため、午前4時から午前5時(通年)はご利用できません。
 

図書館カレンダー

館を選択
前年2021次年
前月09次月
1
予定なし
2
予定なし
3
予定なし
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
予定なし
9
予定なし
10
予定なし
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
予定なし
16
予定なし
17
予定なし
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
予定なし
23
予定なし
24
予定なし
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
予定なし
30
予定なし
 
開館(全日)
 
通常休館日
[開館時間]
火曜~金曜
  午前9時半~午後7時
土・日・祝日
  午前9時半~午後6時
[休館日]
・月曜日
(月曜日が祝日の場合は翌平日)
・年末年始
・特別整理日(蔵書点検期間)
 
 

本を借りるとき(貸出)返すとき(返却)(弁償)

■本を借りるとき(貸出)

カウンター

「借りたい本」と「図書館カード」をカウンターにお持ちください。貸出冊数・期間は次のとおりです。
 ※大型絵本又は大型紙芝居は一人1点になります。

 <図書 館・図書室>                  <貸出期間>
  熊本市立図書館                2週間以内
  植木図書館                  2週間以内
  城南図書館                      2週間以内
  とみあい図書館                        2週間以内 
      プラザ図書館                 2週間以内
    公民館図書室                 2週間以内          
  男女共同参画センターはあもにい        2週間以内
  議会図書室(予約本のみ)           2週間以内 
      
移動図書館                  次回巡回日まで 
       ◇貸出冊数・・・全館合わせて 1人10冊まで
 
  返却期限を過ぎた場合、電話やはがきで連絡することがあります。


■本を返すとき(返却)

  • 開館時間内は、カウンターにお返しください。
  • 休館日や開館時間以外は、返却ポストへお返しください。
     ※返却ポストは、館・室により利用できる時間が異なります。また年末年始などに利用できない場合がありますので、返却される館・室へお尋ね下さい。
    ※返却処理は、ポスト投函日でなく、翌日以降になる場合があります。
    ※ホームページの利用案内にある「返却ポスト設置状況」もご参照ください。
  • 雑誌、紙芝居、大型本、朗読CDやカセットは返却ポストに入れず、窓口にお返しください。
  • 市立図書館・植木図書館・城南図書館・とみあい図書館・くまもと森都心プラザ図書館・公民館図書室・移動図書館・男女共同参画センターはあもにい・議会図書室のいずれかに、借りた場所に関係なくどこでもカウンターへ返却できます。
    ※視聴覚資料や団体貸出資料は、借りられた館へご返却下さい。
  • 返却の際は「図書館カード」は必要ありません。
  • 返却は、家族や知り合いの方に頼んでもかまいません。ただし、返却手続きが完了するまでは本を借りた方の責任になりますので、ご注意ください。





■借りた図書資料を紛失または汚損・破損した場合(弁償)

   「熊本市立図書館資料の弁償に関する要綱」に定めてあるとおり、紛失等した場合は弁償になります。

  汚損・破損の場合には修復ができない状態のもの、本文の文脈(意味内容のつながりぐあい)が分からなくなる場合などが弁償となります

※ペットが本を噛んだ、濡らしてしまった、子どもが落書きをしたなどで修復が不可能な場合も同様です。

   その際には、必ず事前に職員へご相談ください。



  <弁償について>

   1. 1ヶ月以内に弁償をお願いいたします。

   2. 紛失・汚損・破損した資料と同一の資料をもって弁償していただきます(現金・図書券での弁償はできません)。  
   3.
同一の資料が入手できないときは、当該資料の本体価格以上で、内容が当該資料と類似の資料で弁償していただきます。

※類似資料については、汚損・破損した部位の弁償となりますので、当該資料(汚損・破損した資料)は渡せませんので、ご了承ください。